医療レーザーのヒゲ脱毛のメカニズム【なぜ永久に生えてこないの?】

最近では、メンズエステだけではなく病院でもヒゲ脱毛を受けることができます。例えば、湘南美容外科やイセアクリニックなどは、実績も豊富なために地方から数ヶ月に1回ほど永久脱毛をするために、施術に訪れる方がけっこういらっしゃるそうです。

湘南美容外科のトップページ
⇒ 湘南美容外科の定額ヒゲ脱毛の詳細はこちら


ちなみに、上記のような医療機関で行われている主な脱毛方法は、『レーザー脱毛』と呼ばれる手法となります。メンズエステで行われている美容電気脱毛※とは全く異なる手法です。


※美容電気脱毛については、次のページで詳細を解説していますので、興味のある方はそちらをご覧になってください。
参考記事:ヒゲ脱毛の方法の特徴のまとめ【手法の比較】


ただ、レーザー脱毛という言葉と聞くと次のような不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

『レーザーって、強い光のことなんでしょ?そんな物を皮膚に当てたりして、火傷をしたりしないのか心配です』


たしかに、レーザーという言葉には、危険なものというイメージもあります。ですが、そのメカニズムについて知っていれば、その不安も無くなるはずです。


そこで、こちらの記事ではクリニックで行われている医療レーザー脱毛のメカニズムについて紹介させて頂きます。これから、医療機関でヒゲ脱毛をしようと考えている方は、参考にためによろしければチェックしてください。


レーザー脱毛のメカニズム

太陽光
それでは、レーザー光を使用したヒゲの脱毛のメカニズムを順を追って説明します。


まず、剃った髭の毛穴の部分にレーザー光が照射されると、その光は毛穴の内部(皮膚の下)に黒い毛の部分に吸収されます。レーザーは黒いメラニン色素に反応をするため、そのような現象が起こるんですね。


そして、毛に吸収された熱は毛包全体に広がっていきます。その熱がヒゲを生成する部分である、毛乳頭や毛母細胞にも伝わる訳です。その熱によって、毛母細胞が破壊されるため、施術以降は毛が生えてこなくなる状態になります。


これがレーザーを使用したヒゲ脱毛のメカニズムです。


以上でご説明したように、レーザーを使用した脱毛は強い熱が発生するために、危険性の高いものとなります。そのため冒頭で書いたイメージというものは、ある意味正解と言えるでしょう。


しかし、冒頭でも名前を出させて頂いた『湘南美容外科』や『イセアクリニック』のような医療機関ならば、実績もありますし、事前のカウンセリングもしっかりして、あなたの肌質や髭の状態も確認した上で施術をしてくれるので、安心して治療を受けられるはずです。


ですので、もしあなたがレーザー脱毛を受ける際には、そのような信頼できるクリニックで施術を受けるようにしてくださいね。当サイトでもそのようなクリニックを掲載していますので、そちらも参考にして頂ければ幸いです。



MEN'S TBCのヒゲ脱毛で気になることが分かる

TBCヒゲ脱毛 TBC髭脱毛体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ