レーザーヒゲ脱毛の3つのメリット【美容電気と比べてどこが良い?】

医者
髭の永久脱毛としようと決心が付いたとしても、医療機関で『レーザー脱毛』を受けるのか、それともメンズエステの『電気針脱毛』にするか悩まれる方は多いはずです。


そこで、こちら記事ではそれらの決めるための判断材料として頂くために、医療レーザー脱毛のメリットを紹介させて頂きます。良い点を確認することができれば、決定がしやすいかと思いますので、よろしければ参考にしてください。


レーザーひげ脱毛の3つのメリット

施術時間が短い

メンズエステで行う美容電気脱毛は、電気針を使用して毛穴1本ずつに対して処理を行っていくことになります。そのため、毛穴が密集している濃い髭の場合は処置に長時間を必要とするんですね。


一方、レーザー脱毛は光を照射する範囲が10mm×10mmの正方形状になっているため、その範囲を一度に脱毛することができます。そのため、短時間で処理をすることが可能です。


痛みが少ない

美容電気脱毛の場合、針を毛穴に刺して処理をしていきますので、処理中はかなりの痛みを感じます。もちろん、回数を重ねれば、徐々に慣れてきますが最初の内は、痛みにびっくりされる方も多いです。


比較してレーザー脱毛の場合、熱での処理になりますので、多少の痛みはありますが、針に比べれば大したことは無いレベルとなります。施術中に寝てしまう人いるくらいなのですからね。



トータルで安くなるケースがある

メンズエステの美容電気脱毛の場合、私の知る限り一律料金設定で通い放題のプランというのは、本記事を執筆している2013年6月時点では存在しません。


そのような場合は、施術へ行くたびに料金が発生するので、通えば通うほど料金は高くなってしまいます。ですが、医療機関の場合は、湘南美容外科のように69,800円で期間・海図う無制限で髭脱毛に通うことができるというプランもあります。

湘南美容外科

髭が濃い方なら施術回数も増えますので、湘南美容外科のような通い放題のプランはトータルで考えれば安くなるワケです。


ただし、そのような通い放題のプランはクリニック側にとっては、利益が少なる傾向にありますので、今後値上げされることや廃止される可能性があることは視野に入れておかなければいけません。


実際に湘南美容外科の場合、数年前までは髭脱毛の通い放題プランが49800円でしたが、2万円を値上げして現在の価格になっています。ただ、それでも施術回数が多い方にとってはお得なプランと言えるでしょう。


以上がレーザー髭脱毛の3つメリットとなります。


実際にメンズエステで、美容電気脱毛をしたことがある方はわかると思いますが、あの痛みは慣れるまでは相当に辛いものがあります。私の友人にも、お試しで施術を受けて『今まで生きてきた中で一番痛かった!』と発言した人もいるくらいですから^^;


私の場合は、痛かったけど我慢できないほどじゃなかったので、人によって感じる痛みにかなり差があるように感じます。ですが、電気美容脱毛の痛みが嫌だった方にとっては、レーザー髭脱毛は検討して頂きたいプランです。短時間で終わるというのも嬉しい点と言えます。


今回の記事では、メリットについて紹介しましたので、気になるデメリットについては別の記事で改めて紹介しますので、そちらもご覧いただければ幸いです。



MEN'S TBCのヒゲ脱毛で気になることが分かる

TBCヒゲ脱毛 TBC髭脱毛体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ