自宅でできる髭脱毛の比較【剃る抜く以外にもこんな方法があります】

メンズエステや美容クリニックに行けば、髭脱毛をしてもらえることは知っていても、時間が無いために通えない方もたくさんいらっしゃると思います。


そのような場合は、当然ですが自宅で髭の処理をすることが必要になるはずです。多くの方は髭の手入れには、電気シェーバーやT字カミソリを使っての髭剃りをしているかと思いますが、実はそれ以外に手入れの方法はあります。

くつろぐ男性
そこで、こちらのページでは自宅で出来る髭脱毛の方法を紹介させて頂きます。自宅で処理をしようを考えている方にとって参考になれば幸いです。


自宅できる髭の処理方法の一覧

1.剃る

■アイテム
電気シェーバー、カミソリ


■特徴
髭を剃ることで処理する方法です。顔の表面から出ている部分しかケアすることができませんので、効果は長続きせずに、毎日の手入れが必要となります。


処置をしても数時間が経てば皮膚下部の毛が見え始めるので、毛穴がすぐに目立ってしまうのは避けられません。


■メリット
手軽にケアすることができる


■デメリット
効果が短時間しか続かないので、毎日の手入れが必要


2.抜く

■アイテム
毛抜き


■特徴
毛抜きを使い根元から髭を引き抜く方法です。痛みはあるが、毛根から引き抜くために、表面だけを処置する髭剃りよりも効果が長持ちします。


ただし、1本ずつ抜いていくために、しっかりと処置するために時間が必要なことや、毛を抜いている途中で切れたりすることで上手に処置できないなどの懸念点もあります。


■メリット
効果が長続きする

毛穴が目立たないのでキレイに仕上がる


■デメリット
時間がかかる

処置中の痛みが激しい


3.溶かす

■アイテム
除毛剤


■特徴
除毛剤を使用して、ヒゲを溶かす手法です。顔の表面に出ている部分しか処置をすることができませんので、効果の継続時間は髭剃りと同じくらいとお考えください。


■メリット
特になし(あえて言うなら、痛みがない点)


■デメリット
効果が長続きしない


4.脱色する

■アイテム
ブリーチ


■特徴
顔の表面に出ている部分を脱色して、肌の色に近くすることで髭を目立たなくさせる手法です。最近では、髭を目立たなくさせるというよりも、おしゃれ目的で脱色させている方の方が多いように感じます。


■メリット
特になし


■デメリット
ブリーチ剤が肌を傷つける可能性がある


5.フラッシュ脱毛

■アイテム
家庭用脱毛器(ケノン)


■特徴
フラッシュ光を使用することで、広範囲の髭脱毛が一度にできる方法です。ケノンのような脱毛器を使えば、メンズエステ通う必要ながなく、フラッシュ方式で髭脱毛をすることが可能です。


『家庭用脱毛器なんて、女性が使うものでしょ?』と思われるかもしれませんが、ケノンの場合は購入者の4割以上が男性というデータがあります。それだけ、ヒゲで悩んでいる方が多いということですね。


■メリット
長期間の効果期待できる


■デメリット
剃る方法に比べて、痛みが強い


以上が自宅できる髭脱毛方法とその特徴となります。


それぞれの方法でメリットとデメリットがありますが、現在ではフラッシュ脱毛ような長期間の効果を期待できる方法も自宅ですることができますので、あなたにぴったりな手法を選ぶようにしましょう。


ただし、自宅だけで髭の処理をする場合は永久脱毛をすることはできませんので、永久脱毛を希望されている方はメンズエステの『美容電気脱毛』か、クリニックで『レーザー脱毛』の施術を受けるようにしてくださいね。


MEN'S TBCのヒゲ脱毛で気になることが分かる

TBCヒゲ脱毛 TBC髭脱毛体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ