クリニックでのヒゲ脱毛は保険が適用されるのか?

脱毛を受ける場所というと、エステやサロンをイメージする方も多いかと思いますが、実は他にも施術を受けることができるところがあります。それがどこかというと病院(美容クリニック)です。

お医者さんの画像
『えっ、病院で脱毛をやってもらえるって本当なの?』と思われる方多いかもしれませんが、専用の機器を使用して、脱毛をしてくださるクリニックはあります。


しかし、クリニックで施術を受けることができるとなると、おそらく次のことを疑問に感じる方が多いはずです。

『病院で髭脱毛ができるのなら、保険が適用できて安く施術してもらえるんじゃないの?』


さて、本当にヒゲ脱毛に保険は適用されるのでしょうか、その点について続いて詳しくお伝えします。

ヒゲ脱毛には健康保険は使えない

医療機関で行われているヒゲ脱毛は、アレキサンドリアライトレーザーやダイオードレーザーを使用して行われます。脱毛で使用されるレーザー機器の特徴については、次の記事で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

■関連記事:脱毛レーザーの種類と特徴【ヒゲ脱毛の前にチェック】


レーザーを使用して髭を永久脱毛するためには、高温で皮膚内部の毛母細胞を破壊する必要があります(温度にして、およそ70度くらい)。それだけの高温の利用して、細胞を壊すことは『医療行為』です。


医療行為を行うためには、当然ですが医師免許が必要となります。そのためレーザー脱毛は病院でしか受けることが出来ないんですね。


では、健康保険が使えるかどうかについてですが、結論からお伝えするとヒゲ脱毛には健康保険は使えません。


その理由は、毛が生えていることは病気では無いとされているからです。そのため、医療機関だからと言って、保険が効いて安く脱毛をしてくれる訳ではありませんので注意をするようにしましょう。


さらにヒゲ脱毛の治療は、各医師が自分で研究していることが多い分野ですので、実績のある専門クリニックで受ける方がよりレベルの高い施術を受けられる傾向にあります。


しかも、レーザー脱毛の場合は、専用機械を使うために、慣れてない方が使用しては出力の調整が難しく、皮膚の火傷を起こす可能性も大きくなるでしょう。そのような被害を未然に防止するためにも、どのクリニックを選ぶかというのはとても大切です。


ちなみにヒゲ脱毛脱毛に力を入れている美容クリニックとしては、『湘南美容外科(SBC)』や『東京イセアクリニック』などがあります。

湘南美容外科
中でも湘南美容外科は、ヒゲ脱毛では珍しく一定の料金で期間・回数無制限で髭脱毛を受けることができますので、最近はすごく人気となっているクリニックです。


それぞれの病院の良い点と悪い点、および採点評価は次のページで掲載していますので、よろしければご参考にしてください。

⇒ 湘南美容外科のヒゲ脱毛の特徴【良い点と悪い点を正直に評価】


⇒ 東京イセアクリニックのヒゲ脱毛の特徴【良い点と悪い点を評価】


MEN'S TBCのヒゲ脱毛で気になることが分かる

TBCヒゲ脱毛 TBC髭脱毛体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ