アトピー肌でもヒゲ脱毛はできますか?【レーザーと電気脱毛の比較】

カルテの画像
アトピー性皮膚炎を持っている方の中にも、濃い髭をなんとか薄くしたいと悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。どのような肌質においても、髭が濃い人と薄い人がいますから当然のことです。


ただし、アトピー肌の方にとって気になるのが、次のようなことではないでしょうか?


『濃い髭が嫌だから、脱毛をしてキレイになりたいけど、施術を受けることでアトピーの症状が悪化するのが心配。アトピー性皮膚炎でも、メンズエステやクリニックで永久脱毛することはやっぱり難しいのかなぁ・・・』


アトピー肌でこれまで悩んできた多くの方は肌が敏感なために、脱毛の施術を受けることに対して、上記のような疑問を感じているはずです。そこで、こちらの記事では、その点について詳しくお伝えさせていただきます。


メンズエステによる美容電気脱毛やクリニックによるレーザー脱毛の方法で、永久脱毛をしたいと考えている方は参考になるはずですので、ぜひチェックをしてくださいね。


アトピー性皮膚炎の場合も施術は可能

森の画像

美容電気脱毛の場合

メンズエステでの脱毛は、毛穴1個ずつに対して処理をしていくタイプの美容電気脱毛という手法になります。


この場合は、処置を行うのは毛穴に対してのみですので、肌を痛める可能性は極端に低くなります。ですので、アトピー性皮膚炎の場合も施術は可能です。


美容電気脱毛の詳細は知りたい方は、次の記事で紹介していますので、よろしければご覧ください。
■関連記事:ヒゲ脱毛の方法の特徴のまとめ【手法の比較】


レーザー脱毛の場合

クリニックで髭脱毛をする場合は、ダイオードレーザーやアレキサンドリアライトレーザーを使用をした手法になります。


こちらの場合は、肌自体に照射をするために、肌を傷つける可能性については美容電気脱毛よりも高いです。とはいえ、レーザー光は肌を透過して、毛乳頭を破壊しますので肌質に関係なく施術は可能となります。


ただし、まともなクリニックであれば、施術の申し込み前にカウンセリングを受けることが可能ですので、そこであなたの肌質をチェックして、施術可能かどうかをしっかりと判断をしてもらいましょう。


最近は、湘南美容外科のように無料カウンセリングを行ってくれるクリニックもありますので、レーザー脱毛を希望される場合は、そのような病院を利用するのが良いですね。


レーザー脱毛、美容電気脱毛のどちらの手法でも、アトピー性皮膚炎の方が施術を受けることが可能ですが、先ほどお伝えしたよう念のために、事前カウンセリングを受けるようにしてください。



MEN'S TBCのヒゲ脱毛で気になることが分かる

TBCヒゲ脱毛 TBC髭脱毛体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ