濃いヒゲの脱毛はレーザーだと皮膚を傷める可能性がある

ヒゲの永久脱毛をする場合、現時点ではメンズエステの『美容電気脱毛』かクリニックでの『レーザー脱毛』しか方法はありません。


※以下の画像は、美容電気脱毛が可能なメンズTBCのキャプチャ画像となります。現在は1000円キャンペーンをやっているので、格安で施術を受けることが可能です。

TBCの画像
⇒ メンズTBCの1000円ヒゲ脱毛の詳細はこちら


最近は自宅できる髭脱毛ができるケノンのような便利なアイテムもありますが、あれは出力が弱く広範囲を一度の処理できるフラッシュ脱毛という方法です。


出力が弱いフラッシュ脱毛では、毛乳頭や周辺の毛母細胞を破壊することができませんので、処理した部分からも時間が経てばまた毛は生えてきます。たしかに、自宅で脱毛ができるというのは、ともて便利なことではありますが、永久脱毛ではありませんので注意をしましょう。


つまり、あなたがヒゲの永久脱毛をしたいのでしたら、『美容電気脱毛』か『レーザー脱毛』かどちらかの方式を選べなくはいけません。それぞれの特徴については、次のページで紹介しましたので興味のある方はそちらをご覧ください。

■関連記事:ヒゲ脱毛の方法の特徴のまとめ【手法の比較】


さて、本日お伝えしたいのは、先ほど紹介した2の手法の内の『レーザー脱毛』についてです。女性のワキやひざ下の毛の処理にも人気のある方法なのですが、実はヒゲにレーザー脱毛をする場合には、必ず知っておいて頂きたい注意事項があります。


その注意事項についての詳細を以下に掲載しますので、ぜひチェックをしてください。


レーザー髭脱毛の危険性

医者の画像
レーザー髭脱毛の注意事項をお伝えする前に、その方法について簡単にお伝えさせていただきます。


レーザー脱毛の一般的な手法では、10mm角の範囲で脱毛する部分にレーザーを照射するのですが、このときに体毛の黒色のメラニン色素にレーザーが反応して、毛乳頭が破壊されるんですね。


つまり、体毛が濃くて太いほどレーザー光が強く反応するため、強い熱を持つことになります。そして、ヒゲという部分は他の体毛よりも密集して生えており、かつ濃いのが特徴です。


ですので、より熱を吸収しやすく、皮膚に火傷ができやすくなってしまいます。これがレーザーを使用したヒゲ脱毛で注意をして頂きたい点です。つまり、皮膚が弱くて、敏感な方は皮膚の腫れや火傷ができやすいという危険があるんですね。


では、自分の皮膚が髭脱毛をできるのかどうなのかを判断するにはどうすれば良いのか?


最も良いのが、事前のカウンセリングでその点についても担当のお医者さんにしっかりと確認するようにしてください。ヒゲ脱毛を専門に取り扱っているクリニックなら、あなたの肌質とヒゲの量からその点もきちんと判断してくれます。


最近では、湘南美容外科やイセアクリニックのように無料カウンセリングをしてくださる専門クリニックもありますので、そのような病院を有効に活用するようにしましょう。


以下の記事で、クリニックでの無料カウンセリングの注意点を紹介していますので、よろしければご参考にてください。

参考記事:レーザーヒゲ脱毛を受ける前のカウンセリングでの注意点


MEN'S TBCのヒゲ脱毛で気になることが分かる

TBCヒゲ脱毛 TBC髭脱毛体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ